現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: DVD 飢餓海峡 名前:もち
2017/06/08(Thu) 07:34 No.874 


そうです、なにかにつけ切ない物語です。
ひとときの逢瀬から其の後の数十年、会って
お礼がしたい、あのときの身なりなら私にでも
手の届く男かもしれないと慕い続けた娼婦と
貧窮の生活から思わぬ大金を手にして其れを
資金にしてふくらませ社会的地位を掴みながら
過去の事情が隠し通せるかと不安な毎日を送り
根っからの悪人ではないから焦りが社会貢献の
資金提供として尽力する。
身を潜めて隠れていなきゃならないのに皮肉な
ものです。
社会は彼を持ち上げてしまう。
計算高い悪人なら、こんなことしないですよ。
盗まれたカネに関しては犬飼の使い道のほうが
健全だったと思うのです。
司法において犬飼は有罪ではありますが。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: